-->

アドラク!

アドラク!広場

私のデザイナー人生について

2017/10/03

山も谷もなく主に酒が大好きな、工場長たかし
これまでのデザイナー人生をかる~~く説明させて頂きます。

デザイン系の専門学校卒業

広告代理店でデザイナーとして7年勤務

業績悪化のため退職

浄水器を販売している会社でデザイナーとして1年勤務(怪しい・・・)

社長とそりが合わなくて退職(笑)

そして今、アドラクでデザイナーしてます。

デザイナー歴はざっと15年ってところです。

まだまだ経験不足ではありますが、今までのデザイナー人生を私なりに考えてみました。

今現在、専門学校を卒業してから、デザイナーを続けているその時の同級生は一割もいないです。
夜が遅く、給料が安かったり、一般の人からは理解されない業種ではあるかもしれません。

今考えると私の場合、最初に入った会社が良かったと思っています。
幅広い業種のデザインをやっていましたし、デザイン面で尊敬できる上司や先輩がいました。

今考えるとデザイナーとして成長できたと感じています。

最初に入った会社ってとても大事なんですよ。

広告代理店でも、制作プロダクションでもなく、
社内で販促物を作っている企業もたくさんあります。
当然デザイン部署があり、しっかりした企業もあります。が、、、

新卒入社で、デザイナーは自分しかいない環境だと地獄です。
Illustrator、Photoshopが使えるだけのスキルから成長することはありません。

私が2社目に入った会社がそうでした。

デザイナーは自分一人、あとは社長と経理の三人です。
正直デザインのクオリティに関して言えば、成長はなかったと思います。

最後は社長と口論になり退職でした。。。若かったです。
たまに、その会社の前を通ることがありますが、先日テナント募集になっていました。
倒産したのか、移転したのかは不明です。

今なにしてるんだろう~って考えた時
妙に切なくなりました。

そしてアドラク!で働いて現在に至ります。

20代のうちって作業作業の繰り返し、やりたい仕事がやれることは少なかったです。
そのうち、デザインを楽しむことを忘れるんですよね。
早くOKがもらえるようなデザインって、考えていた時期もありました。

でも、自分はなんでデザイナーになりたかったのか考えて初心に戻ります。
自分が作ったものを、沢山の人に見てもらいたいと思ったからデザイナーになったんです。

将来デザイナーになりたいと思っているなら覚悟をもってなってください。
そしてデザインすることをいつまでも楽しんでくださいね。

簡単ではありますが、工場長のデザイナー人生でした。

 

工場長の人気記事は
やっぱり気になるデザイナーのお給料

共感できるデザイナーあるある!

こんなデザイナー周りにいませんか?